不動産の売却を検討するきっかけとは?不動産売却を検討中の方必見!|不動産情報・新着情報

Icon Phone0120-38-2323営業時間:9:00~18:00/水・祝日定休

〒467-0066 愛知県名古屋市瑞穂区洲山町2-32
新瑞ターミナルビル1階

相談 売却 購入

〒467-0066 愛知県名古屋市瑞穂区洲山町2-32
新瑞ターミナルビル1階

不動産情報・新着情報

Blog Detail

「不動産売却を検討するきっかけってなんだろう」
このようにお考えの方はいませんか。
なかなかきっかけをつかめずに売却を決心できずにいる方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、不動産売却を決断するきっかけを紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□不動産売却をするきっかけとは?

どのようなことがきっかけで不動産売却を行うのでしょうか。
ここでは、きっかけについて3つ紹介します。

1つ目は、価格が高騰しているときです。
売却するならばできるかぎり高い値段で売りたいと思う方は多いでしょう。
したがって不動産売却を検討している方は価格の高騰に敏感になるのです。

2つ目は、賃貸経営の方の次なる経営のためです。
賃貸経営が順調にいっていても、次に新しい物件を購入したいと思う方もいらっしゃるでしょう。
その際に今ある物件を売った資金をあてにすることもあるのです。

3つ目は、これからの見込みが立たない場合です。
例えば、これから先不動産を引き継ぐ方がいなかったり、賃貸経営をやめたいと思ったりした方には諦めて売却に進む方もいるのです。

□売却理由はどこまで伝える必要があるのかについて紹介!

売却を決心する際にどこまで売却理由を伝える必要があるのでしょうか。
当たり前のことですが悪い点に関してはできるかぎり伝えたくないですよね。
そこで、ここからは最低限伝える必要があることについて場合にわけて紹介します。

1つ目は、事故物件の場合です。
家の中で自殺や他殺があったなどの事故物件の場合はその情報を伝えることが義務付けられています。
もしも伝えないでいると告知義務違反となり、売買契約解除になりうるため、きちんと伝えましょう。

2つ目は、もしも事前に知っていたら不動産を購入しなかったというケースについてです。
不動産売買契約書に告知書があるため、その内容を確認しましょう。
例えば、家に構造上の欠陥がある場合や振動や騒音、近隣トラブルの有無などは告知書に書かれているため、事前にしっかりと伝えておく必要があります。
もしも売買契約後に告知書に記載されている内容と異なるものがあると指摘されると、売主と不動産仲介会社が共に責任を負うことになってしまうので、注意が必要です。

ゆえに、あまり伝えたくない売却理由ほど伝える必要があるため、隠さずしっかりと伝えましょう。

□まとめ

今回は、不動産売却を決心するきっかけと事前に伝える必要があることに関して紹介しました。
きっかけとしては、価格が高騰しているときや、新しい物件の予算にあてるためであることが多かったですね。
本記事が不動産売却を検討している方の参考になれば幸いです。

トップに戻る