はじめての不動産売却|名古屋市で不動産売却なら「桃山エステート」|瑞穂区・南区・緑区

Icon Phone0120-38-2323営業時間:9:00~18:00/水・祝日定休

〒467-0066 愛知県名古屋市瑞穂区洲山町2-32
新瑞ターミナルビル1階

相談 売却 購入

〒467-0066 愛知県名古屋市瑞穂区洲山町2-32
新瑞ターミナルビル1階

お問い合わせお問い合わせ

Icon Phone電話する

はじめての不動産売却

  • HOME  >  
  • はじめての不動産売却

point

さまざまな事情で、不動産売買する場面に出会うことがあります。しかし、ほとんどの方が、人生に何度も不動産売買を経験するものではありません。

ここでは、名古屋市瑞穂区の不動産会社「桃山エステート」が、はじめて不動産売却をご検討される方へ、不動産売却の基礎知識として、流れや費用、不動産会社の選び方をご説明します。査定や売却に関する「よくあるご質問」にもお答えいたします。ご不明点などあれば、どうぞお気軽にお問い合わせください。

不動産売却の流れ

不動産売却の流れ

不動産売却を検討しているなら、売買の仲介をしてくれる不動産会社に諸々の手続きを依頼したり、アドバイスをもらったりするとスムーズです。不動産会社の選び方については後述していますので、そちらをご参照ください。ここでは、桃山エステートをご利用いただいた際の、売却の流れをご紹介します。

Step1ご相談

不動産売却を検討されるなら、桃山エステートへご相談ください。名古屋市瑞穂区にある当社は、近隣の南区・緑区はじめ、愛知県内はもちろん東海一円での不動産売買をお手伝いした実績が豊富にあります。不動産売買のことなら、どうぞお気軽にご相談ください。お電話でもメールでも受け付けております。当社とご契約されるまでのご相談・査定は無料で承っておりますので、安心してお問い合わせください。

※ご相談の際は、不動産の所在地や平米数、建物がある場合は築年数などがわかるとスムーズにご案内できます。

桃山エステート電話:0120-38-2323営業時間 9:00~18:00
定休日:水・祝日

Step2価格査定
「査定」とは、物件の詳細情報から、売りに出したときの「参考価格」をお見積もりすることです。当社では、全国の不動産データベースを活用した「東京カンテイ」の不動産評価システムを使用した鑑定書をもとに、物件のある地域の市場動向や代表の長年培った経験と相場観、不動産ネットワークでの情報を加味し、お客さまに根拠ある査定のご説明をいたします。なお、査定は無料で承っており、早ければ当日中に現地へ赴き査定することも可能です。
Step3売り出し価格の決定
市場への「売り出し価格」の決定は、売り主様自身が行います。高すぎる売り出し価格では、なかなか買い手が見つからないということになりかねませんので、桃山エステートでは、お客様のご意向のほか、市場動向や相場観から、適正と思われるご提案をいたします。不動産売買はタイミングが大変重要で、買い主様との出会いや交渉も、そのときになってみないと誰にもわかりません。そのため当社では、売り主様の意向を重視しつつ市場動向をうかがって、一定期間の売り出し後、買い主様が現れなかった場合は、売り出し価格の再考・調整もご提案してまいります。
Step4媒介契約の締結

不動産の売買について、仲介を不動産業者へ依頼する際は、「媒介契約」を結ぶ必要があります。媒介契約では、依頼する不動産会社、売却希望価格、依頼する期間、売却活動の内容、仲介手数料の支払時期などを具体的に記入した契約書を作成します。

※媒介契約の締結は、宅地建物取引業法によって不動産業者に義務付けられています。媒介契約には3つの種類があり、不動産仲介売却についてのページで詳しくご説明しています。

Step5売り出し

媒介契約を結んだあとは、さまざまな方法で物件の売り出しを宣伝していく必要があります。桃山エステートでは、下記のような売り出し方法をご提案し、お客さまのご要望に沿って実行してまいります。

  • レインズ(不動産流通標準情報システム)※への登録
  • 販売用の物件資料作成
  • ホームページへ売り出し情報掲載
  • 不動産ポータルサイトへの掲載
  • 新聞折り込みチラシなど紙媒体での宣伝
  • 近隣へのポスティング
  • オープンハウスの開催
  • 当社が加盟する不動産事業者グループでの紹介

※レインズは、国土交通大臣に指定された「指定流通機構(全国に4組織)」が運営する不動産情報ネットワークシステムです。

Step6購入希望者の現地内覧

購入希望者が現れたら、ほとんどのケースで現地見学を希望されます。建物がある場合は内覧を希望されますので、現在お住まいの建物でしたら、内覧のご協力をお願いいたします。そのときの印象が悪いと、減額を交渉される要因になることがあります。購入希望者の印象を悪くしないためにも、次のようなポイントを心がけるといいでしょう。

  • 室内を広く見せられるよう、整理整頓しておく
  • 簡単でいいので掃除をして清潔感を出す
  • 明るい印象になるよう、雨戸などは開け、照明はつけておく
  • 敷地内・玄関などをきれいにしておくだけでも印象UPです
Step7交渉

購入希望者と売買条件の交渉は、経験豊富な桃山エステートがしっかりサポートいたしますのでご安心ください。物件に欠陥や不具合(瑕疵)がある場合には、トラブル防止のため、あらかじめ伝えておくことが大切です。
売買条件は物件によって異なりますが、おおむね以下のようなポイントで交渉していきます。

  • 手付け金額
  • 契約希望日
  • 引き渡し希望日
  • 敷地内・建物内の残存物の有無と対処
  • 瑕疵担保責任の発生期間について
Step8売買契約
売り主様・買い主様の双方で売買条件の合意が得られたら、売買契約を締結いたします。このときに、買い主様から手付金のお支払いがあります。
不動産売却には、仲介手数料ほかさまざまな費用が発生します。売却内容や金額によって変動するものもありますので、事前に費用についてもご説明いたします。このページでも売却にかかる費用(下部項目へアンカーリンク)についてご説明していますので、ご一読のうえ参考にしてください。
Step9引き渡し

不動産売買の場合、通常、売買契約の2~3ヶ月後に物件の引き渡しを行います。引き渡し時には、次のような手続きを行います。桃山エステートでは、当社が長年お付き合いのある信頼できる司法書士の先生と連携し、売り主様・買い主様のサポートを行いますのでご安心ください。

  • 不動産所有権の移転登記
  • 固定資産税・管理費・修繕積立金などの精算
  • ローン借入がある場合は、抵当権の抹消
  • 建物がある場合は、買い主様への鍵のお渡し

その他、個別の事情に合わせて柔軟に対応させていただきます。

不動産売却の費用

不動産売却の費用

不動産売却にはさまざまな費用が発生します。ここでは一般的な例をご紹介します。お客様所有の個別の物件については、ここにない費用が発生しそうな場合、事前にわかる範囲でお伝えいたします。

売却にかかる諸費用
仲介手数料 売却に関する手続きがすべて完了したのち、仲介業者(ここでは不動産会社)に支払う手数料です。手数料の算出方法は、宅地建物取引業法によって上限が定められています。
印紙代 売買契約書に貼付する印紙代です。
契約書に記載する金額(売買価格)によって変わってきます。
登記料 不動産の名義を、売り主様から買い主様へと変更する不動産登記にかかる費用です。手続きは司法書士の先生が行い、登録免許税と報酬を支払います。
抵当権が設定されている場合には「抵当権抹消登記」、登記されている住所が現住所と異なる場合には「表示変更登記」など、状況に応じて法に定められた必要な登記があり、それに応じて報酬額も変わってきます。
譲渡所得税 不動産売却額が、その不動産を取得したときの金額を上回り利益が出た場合には、譲渡所得税の課税対象となります。取得したときの金額が不明な場合には、売却価格の5%が取得金額とされます。
その他
  • 住民税
  • 測量費(必要な場合)
  • 解体費(必要な場合)
  • 建物滅失登記費(必要な場合)
仲介手数料の算出方法

※表は左右にスクロールして確認することができます。

不動産売却金額 仲介手数料 計算方法
200万円以下 売却金額×5%+消費税
400万円以下 売却金額×4%+20,000円+消費税
400万円以上 売却金額×3%+60,000円+消費税

不動産会社の選び方

不動産会社の選び方

不動産売却が成功するかどうかは、条件やタイミングに左右されるところが大きいのですが、不動産会社の手腕によるところも少なからずあります。数ある不動産会社の中から、お客様にとってベストな選択をすることが大切です。

不動産売却で不動産会社はこう選ぶ~4つのポイント~
売買の仲介が得意 販売・宣伝手法 販売実績が豊富 売り主目線
不動産業務には、賃貸管理や建て売りなどさまざまあり、業者によって得意分野があります。売却をするなら、売買を得意とする会社を選びましょう。 不動産売買で重要となるのが、「どのように買い主を探すか」です。
紙媒体・ネット媒体・独自のネットワークなど、さまざまな販売・宣伝活動に対応しているか、物件の条件に合った方法を的確に提案できるかという点も大切です。
不動産売買の実績が豊富であるということは、交渉の場数も多いということです。経験は何にも代えがたい力となります。不動産会社の実績を参考に、お持ちの物件に対応できそうか確認してみましょう。 不動産会社の方が知識や情報量が多いもの。しかし、不動産売却の主体は売り主様です。販売方法を押し付けてきたり、個別事情を考慮してくれなかったりする業者は信頼できません。売り主目線で親身になってくれる業者を選びましょう。
売買の仲介が得意 不動産業務には、賃貸管理や建て売りなどさまざまあり、業者によって得意分野があります。売却をするなら、売買を得意とする会社を選びましょう。 販売・宣伝手法 不動産売買で重要となるのが、「どのように買い主を探すか」です。
紙媒体・ネット媒体・独自のネットワークなど、さまざまな販売・宣伝活動に対応しているか、物件の条件に合った方法を的確に提案できるかという点も大切です。
販売実績が豊富 不動産売買の実績が豊富であるということは、交渉の場数も多いということです。経験は何にも代えがたい力となります。不動産会社の実績を参考に、お持ちの物件に対応できそうか確認してみましょう。 売り主目線 不動産会社の方が知識や情報量が多いもの。しかし、不動産売却の主体は売り主様です。販売方法を押し付けてきたり、個別事情を考慮してくれなかったりする業者は信頼できません。売り主目線で親身になってくれる業者を選びましょう。

よくあるご質問

はじめての不動産売却では、不安に感じることも多々あることでしょう。ここでは、不動産売却に関するご質問に、Q&A形式でお答えいたします。こちらにないご不明点や、個別事情のご相談がありましたら、どうぞお気軽に桃山エステートへお問い合わせください。査定・ご相談は無料で承っております。

査定について
Q査定はどのようにするのですか?
A

査定方法には3つの方法があります。当社では、お客様のご事情やご要望に応じて、査定方法をご提案いたします。

【簡易査定(机上査定)】現地調査を行わずにする査定
お客様からご提示いただいた物件の情報やご事情をもとに、「東京カンテイ」などの不動産データベースでの過去の取り引き事例、周辺の取引事例、などを参考にし簡易的に査定額をご呈示します。実際の物件の状況や、建物のリフォーム歴などによって査定価格は変わりますので、参考価格としてお考えください。

【現地確認査定】現地の外観から査定する方法
物件を見て行う査定で、土地や建物の立地や外観をもとに査定額を算出します。敷地内へは、事前に許可を得て入らせていただきます。室内へは入りません。同時に、不動産データベースや過去の取引実績や周辺事例の調査も行います。調査結果をもとに、査定報告書を作成し、査定額を提示いたします。

【物件訪問査定】建物の内部(室内)まで入り行う厳密な査定
許可を得たうえで室内に入り、より正確な査定額を算出します。不動産データベースや過去の取引実績や周辺事例の調査も行い、すべての情報をもとに適切な査定額を提示します。

当社では、お問い合わせいただいた際に、どのような査定方法があるかご提案し、お客様のご事情やご要望に合わせて対応させていただきます。お伺いするのに抵抗がある場合には、物件に関する資料などをお持ちのうえ、ご来店をお願いすることもあります。できるだけお客様の手を煩わせることがないよう心がけています。

Q査定に費用はかかりますか?
Aいいえ、桃山エステートでは、不動産査定は無料で承っております。どうぞお気軽にお問い合わせください。
Q査定額の通りに売り出す必要がありますか?
Aいいえ、査定額はあくまで参考価格であり目安です。査定額をもとに、売り主様に売り出し価格を設定していただきます。当社では、参考となるさまざまなデータをご提示したうえで、アドバイスを交えながら、一緒に売り出し価格を考えてまいります。
Q今住んでいる家の査定はできますか?
Aはい、可能です。多くの方が、お住まいのうちに査定を受けられています。秘密は厳守いたしますので、安心して査定をご依頼ください。
売却について
Q売却時に用意すべき書類はどんなものですか?
A

物件やお客様のご事情によって、必要となる書類は異なりますが、一般的には下記の書類が必要になってきます。また、実印が必要となる場合もあります。ご用意いただくものについては、その都度、当社からご案内いたします。

  • 売買契約書
  • 登記済権利証
  • 土地測量図面(境界確認書)
  • 建築設計図(工事記録書)
  • 銀行口座書類
  • ローン残高証明書
  • 固定資産税納付書
  • 身分証明書
  • 印鑑証明書
  • 住民票
Qリフォームしてから売却した方がいいですか?
Aリフォームの良し悪しはケースバイケースです。建物の場合は、リフォームなどで購入希望者の印象がよくなることは確実ですが、リフォーム費用と売却価格のバランスを考えて、損が出ないようにしたいものですね。リフォームした方がよいかどうかは、経験豊富な当社代表からアドバイスいたします。物件の現況に気になるところがありましたら、遠慮なくお伝えください。
Q自宅を売却することを、ご近所に知られたくないのですが。
Aはい、大丈夫です。お客様のご希望に合わせて、オープンハウスやポスティングなど近隣の方の目に触れるような販売活動を控えることができます。その場合、不動産の購入希望者のみが見るインターネット広告や、当社の所属する不動産業者のグループ内でのご紹介で対応させていただきます。

トップに戻る