不動産売却におけるつなぎ融資とは?メリットを解説します!|不動産情報・新着情報

Icon Phone0120-38-2323営業時間:9:00~18:00/水・祝日定休

〒467-0066 愛知県名古屋市瑞穂区洲山町2-32
新瑞ターミナルビル1階

相談 売却 購入

〒467-0066 愛知県名古屋市瑞穂区洲山町2-32
新瑞ターミナルビル1階

不動産情報・新着情報

Blog Detail

皆さんはつなぎ融資についてご存じですか。
不動産売却後に新居に住み替えする際に主に利用される融資のことです。
この記事では、名古屋市の方に向けて、不動産売却時につなぎ融資が有効な理由について解説します。

□つなぎ融資とは

つなぎ融資とは、住宅ローンが実行されるまでの一定期間に、融資を受けられる仕組みです。不動産売却後に新しく住宅を購入する際は、不動産売却後にかかる費用や新居の工事請負契約の費用など各種初期費用がかかりますよね。
そのため、住宅ローンの融資を受けるまでの間に、急に資金が必要になる場合があるでしょう。
つなぎ融資は、そういった場合にお金を借りられる便利な制度です。

つなぎ融資を利用して工事費用を支払い、住宅を完成させます。
そこで、その住宅を担保にして住宅ローンを組み、住宅ローンの融資が始まったら、つなぎ融資を返済していきます。
これがつなぎ融資を利用する流れです。

ただし、つなぎ融資には利息がつくことに注意しておきましょう。
さらに、印紙代・印鑑証明・融資の手数料なども別途かかります。
つなぎ融資を利用する際は、これらの点をあらかじめ把握して予算計画を立てておきましょう。

□つなぎ融資のメリットとは

不動産売却時につなぎ融資を受けるメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。
ここでは3点ご紹介します。

1点目は欲しい物件の買い逃しを防止できることです。
住宅の売却を待って資金を調達していたら、理想にかなう好条件の物件は他の人に購入されてしまうかもしれません。
つなぎ融資を受けることで、売却前から資金を調達でき、欲しい物件を逃さずにおさえられるでしょう。

2点目は不動産売却の期間を長くとれることです。
つなぎ融資を受けていることで、急いで資金を調達する必要がなくなるので、余裕を持ったスケジュールで不動産売却に取り組めます。
焦って購入先を探さなくてよいため、好条件で購入してもらえる可能性が高まるでしょう。

3点目は仮住まいの費用がかからないことです。
売却先が決まってから新居を購入するとなると、その間仮の住まいを確保する必要があるでしょう。
しかし、つなぎ融資を利用する際は新居の購入が先にできるので、仮の住まいを用意する必要がありません。

□まとめ

今回はつなぎ融資について解説しました。
つなぎ融資は、融資であることから利息が発生しますが、大きなメリットがあり魅力的ではないでしょうか。
当社では、初めての方でも安心して不動産売却を進められるようサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

トップに戻る