不動産売却をお考えの方必見!仲介手数料について解説します!|不動産情報・新着情報

Icon Phone0120-38-2323営業時間:9:00~18:00/水・祝日定休

〒467-0066 愛知県名古屋市瑞穂区洲山町2-32
新瑞ターミナルビル1階

相談 売却 購入

〒467-0066 愛知県名古屋市瑞穂区洲山町2-32
新瑞ターミナルビル1階

不動産情報・新着情報

Blog Detail

名古屋市で不動産売却をお考えの方はいらっしゃいませんか。
不動産売却で不動産会社に仲介を依頼すると、仲介手数料が発生します。
今回は、そんな仲介手数料をはじめとする各種費用について詳しく解説します。

□仲介手数料には何が含まれる?

各種費用の中でも気になる方が多いのが仲介手数料についてです。
仲介手数料とはどういったことにかかる費用なのでしょうか。
まずはそこから見ていきましょう。

仲介手数料は、売却活動に対する成功報酬として支払います。
つまり、不動産会社が売却するために、ホームページに情報を載せたり、チラシを作成してポストに投函したりなどの営業活動に対しての報酬として支払います。

仲介手数料に含まれるのは、あくまで通常の業務で発生する費用までです。
したがって、売主の希望で購入希望者との交渉に行く場合に伴う出張費や、特別な広告活動には別途費用が発生する場合があります。
そのため、仲介手数料には何が含まれているのかは不動産会社とよく相談しておくことをおすすめします。

□仲介手数料以外の費用とは

不動産売却時には仲介手数料以外にも各種費用が発生します。
具体的にどのようなものがあるのか見ていきましょう。

まずは、印紙税です。
不動産売買契約書を交わす際には、購入した印紙を契約書に貼って提出する形で、税金を納める必要があります。
印紙税の金額は、不動産の売買金額に応じて決まりますが、一般的には1000万円から5000万円の住宅の売買では、2万円かかると知っておきましょう。

次に、登記費用です。
不動産売却では、抵当権抹消登記と所有権移転登記を行う必要があります。
抵当権抹消登記の費用は、住宅ローンを組んでいた際に必要になります。
また、登記は司法書士にお任せするのが一般的なので、その際の司法書士への報酬も支払う必要があります。

その他にも、内覧前のハウスクリーニング代や引っ越し費用がかかります。
特に引っ越し費用に関しては注意が必要です。
不動産売却後に新居に住み替えを行う場合は、仮の住まいを用意する必要がある場合もあります。
そのため、売却のスケジュールをよく確認しておき、引っ越し費用をしっかり見積もっておきましょう。

□まとめ

今回は不動産売却をお考えの方に向けて、仲介手数料と各種費用について解説しました。
この記事が皆さんの予算計画の参考になれば幸いです。
不動産売却をお考えの方は、当社が手厚くサポートいたしますので、ぜひお問い合わせください。

トップに戻る