名古屋市で不動産売却をしたい方に向けて!遠方にある不動産を売却する方法とは?|不動産情報・新着情報

Icon Phone0120-38-2323営業時間:9:00~18:00/水・祝日定休

〒467-0066 愛知県名古屋市瑞穂区洲山町2-32
新瑞ターミナルビル1階

相談 売却 購入

〒467-0066 愛知県名古屋市瑞穂区洲山町2-32
新瑞ターミナルビル1階

不動産情報・新着情報

Blog Detail

遠方に持っている不動産を売却したいと考えている方はいらっしゃいませんか。

売却したいけれど、現地に行けないため何年もそのままにしている方も多いかもしれません。
実は、遠方の不動産でも売却する方法があります。
そこで今回は、名古屋市の不動産会社が遠方にある不動産を売却する方法をご紹介します。

□遠方の不動産を売却する方法とは?

現地に出向かずに遠方の不動産を売却する方法は3つあります。

*契約書を郵送する

この方法はまず、不動産会社が作成した契約書原本を買主が郵送で受け取り、署名・捺印します。
その際、買主は手付金を所定の口座に振り込み、契約書を売主に郵送します。
契約書を受け取った売主は署名・捺印し、手付金が振り込まれたかを確認した後、契約書を不動産会社または買主に返送して、売買契約が成立する流れです。
こちらは、売主と買主の双方が立ち合いなしの契約に同意する必要があるため、注意しましょう。

*信頼できる人に依頼する

不動産がある現地に住んでいる親戚や知人がいる場合は、不動産売買の手続きを依頼できます。
この方法の注意点は、契約書の署名・捺印を代理でしてもらう「署名代理」は法律上有効であるものの、代理人を慎重に選ぶ必要があることです。
なぜなら、代理契約で起こったトラブルは、依頼主が負うからです。

*司法書士に依頼する

専門的な知識を持っている司法書士は、不動産登記から契約書の作成・提出をしてくれます。
また、事務所によっては売買手続きまでの一連の作業を請け負っているのが特徴です。
依頼するには、手数料を支払う必要がありますが、安心して不動産売買契約を任せられるでしょう。
上記で紹介した3つの方法のうち、どの方法でも不動産会社はご自身で選ぶ必要があります。

□売却する際の注意点とは?

遠方の不動産を売却する際は、時間や費用、手間がかかることを念頭に置いておく必要があります。
例えば、役所での手続きや不動産会社選びの際は、ご自身が住んでいる場所とは違うため時間がかかるでしょう。
そして、現地に出向く必要がある場合は、移動費用がかかります。
また、現地に行けない場合、買主と直接交渉できないことや買主との話し合いに応じることが困難になるなどのデメリットがあります。
買主や不動産会社とのやり取りは、基本的に電話やメールでできますが、不動産が売れるまでに時間がかかる可能性があります。
時間や費用、手間、デメリットを考慮した上で、それに見合ったメリットを見出せる売却にするためには、不動産会社選びが重要になるでしょう。

□まとめ

今回は、遠方の不動産を売却する方法をご紹介しました。
現地に行かなくても不動産売却ができるのは大変便利ですが、実際に売却を考えている方は、注意点も押さえておきましょう。
名古屋市で不動産売却をご検討中の方は、お気軽にご連絡ください。

トップに戻る