不動産売却でお困りの方へ!電気や水道などのインフラについて解説します!|不動産情報・新着情報

Icon Phone0120-38-2323営業時間:9:00~18:00/水・祝日定休

〒467-0066 愛知県名古屋市瑞穂区洲山町2-32
新瑞ターミナルビル1階

相談 売却 購入

〒467-0066 愛知県名古屋市瑞穂区洲山町2-32
新瑞ターミナルビル1階

不動産情報・新着情報

Blog Detail

「不動産売却を考えているが、細かいことは知らない」
「不動産を売却したいが、電気や水道はいつ止めれば良いかわからない」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
不動産を売却する際にインフラについて悩まれる方は少なくありません。
そこで今回は、不動産を売却する際のインフラについてご紹介します。

□インフラを止めるタイミングをご紹介!

不動産売却では購入希望者による内見がありますが、その時に電気が使用できないのは売却時のマイナスイメージになりかねません。
また、空き家状態でも部屋は汚れるため清掃が必要ですが、その際にインフラが止まっていると非常に不便です。
そこで、不動産売却中のインフラを止めるタイミングをご紹介します。

まずは電気です。
電気を解約するタイミングは、物件の引き渡し直前がおすすめです。
先ほども紹介したように、不動産売却中に電気を止めてしまうと内見に支障が出る可能性があります。
照明器具も外さずにおいておくと良いでしょう。

また、冷暖房を使えるようにしておくと内見がより快適になるため、購入希望者に良い印象を与えやすいでしょう

次に水道です。
不動産売却の最中は入居がなくても汚れがたまるため、こまめな掃除が必要です。
さらに、売買契約の成立後も引き渡し前に買主が清掃に来る可能性があります。
このような状況に対応するため、水道はいつでも使えるようにしておくと良いでしょう。

また水道を使わずに長期間置いておくと、下水の臭いが上がってくることもあります。
悪臭防止対策として定期的に水を流すためにも、水道を解約するタイミングは買主への引き渡し直前がおすすめです。

最後にガスです。
ガスは清掃や内見に影響しないため、不動産売却を始める時点で解約できます。
ご自身の転居が完了し次第、解約手続きをするのが良いでしょう。

□インフラの止め方をご紹介!

まずは電気です。
電気の解約手続きは、電力会社に電話やインターネットで解約を申し込むだけで済む場合がほとんどです。
電気のメーターは建物外からでも操作できるため、解約日にブレーカーを落としておけば立ち会いなしでも手軽に解約できます。

次に水道です。
水道も基本的には電気の解約と同様の方法です。
水道局に連絡し、解約の申し込みと解約日の指定をしておくことで立ち会うことなく停止手続きをしてくれます。
ただ、料金精算を当日行いたいという場合は立ち会いも可能です。

最後にガスです。
ガスはインフラの中でも最も手続きが簡単です。
電話やホームページでガス会社に解約を申請するだけで、指定日に停止手続きをしてもらえます。

□まとめ

今回は、不動産売却の際のインフラについてご紹介しました。
この記事を参考に、スムーズな不動産売却を叶えてくださいね。
また、名古屋市で不動産売却についてお悩みの際は、ぜひお気軽に当社までお問い合わせください。

トップに戻る