不動産売却をして住み替えをお考えの方へ!ポイントを解説します!|不動産情報・新着情報

Icon Phone0120-38-2323営業時間:9:00~18:00/水・祝日定休

〒467-0066 愛知県名古屋市瑞穂区洲山町2-32
新瑞ターミナルビル1階

相談 売却 購入

〒467-0066 愛知県名古屋市瑞穂区洲山町2-32
新瑞ターミナルビル1階

不動産情報・新着情報

Blog Detail

名古屋市内で住み替えを検討されている方はいらっしゃいませんか。
住み替えをする際には、不動産の売却と購入を行う必要があります。
住み替えの際に重視する項目に応じて、どちらの取引を先に行うかを決めるのがおすすめです。
そこで今回は、住み替えの流れについて解説します。

□住み替えの流れとは?

住み替えをする際には、今住んでいる家の売却と新居の購入、この2つの取引を行う必要があります。
まずは、それぞれの取引の大まかな流れを見ていきましょう。

不動産売却の大まかな流れを説明します。

まず不動産の査定を依頼し、査定後、不動産会社と媒介契約を結びます。
媒介契約の締結後、本格的な売却活動が始まります。
購入希望者が現れたら、細かい条件を交渉して売買契約を結びます。
最後に引き渡しを行い、売却は完了します。

不動産の査定から引き渡しまでに6か月程度かかるのが一般的です。

次に、不動産購入の大まかな流れを説明します。
不動産の購入は、物件探しから始まります。
理想の物件が見つかったら、実際に物件を見学して、購入するかどうかを考えます。

購入を決めたら、購入契約を結んで、支払い手続きを済ませましょう。
支払い手続きの後で、新居に入居できます。
お気に入りの物件が見つかり、1か月足らずで入居まで至る方もいますが、平均的には6か月程度かけて物件を探す方が多いです。

では、住み替えを行う際には、不動産の売却と購入のどちらを先に行うのが良いのでしょうか。

売却を先にする場合、住み替え費用をあらかじめ確保できます。
資金のめどが立つため購入計画が立てやすく、手元の資金を目安に新居を探せるので、金銭的なリスクを抑えられます。
一方で、仮住まいが必要になる可能性があるという欠点もあります。
入居日が引き渡し日から離れていると、一度仮住まいに引っ越した後で、もう一度新居に住み替える必要が出てきます。

購入を先に行う場合、新居探しに納得のいくまで時間をかけられます。
また、仮住まいを用意する必要もなく、引っ越しも1回で済みます。
一方で、今住んでいる家の売却金を新居の購入費用に充てられないという欠点があります。

□より早くより高く売却するためのポイントをご紹介!

現住居の買い手を、現住居で生活しながら探す場合、内見の際に居住スペースを購入希望者に見られます。
購入希望者は内見時の物件の印象も踏まえて、購入を検討します。
そのため、売却を決めた時点で可能な限り荷物の量を減らし、室内をすっきりさせておくようにしましょう。

とくに洗面所やキッチンなどの水回りには生活感が出やすく、印象を損ねやすいです。
念入りに掃除をしたうえで、整理整頓しておきましょう。

また、設備機器の交換や修繕をしたことがある場合には、その履歴を整理しておきたいです。
後々のメンテナンスで役に立つだけでなく、これまで大切に住んできたことをアピールできます。

□まとめ

住み替えをする際には、不動産の購入と売却の2つの取引を行う必要があります。
購入を先に行う場合は新居探しに時間をかけられ、仮住まいを用意しなくて済みます。
売却を先に行う場合は金銭的なリスクを抑えられます。
自分のニーズに合わせて、どちらの取引を先に行うかを考えましょう。

トップに戻る