不動産売却をお考えの方へ!内覧の際のポイントについて解説します!|不動産情報・新着情報

Icon Phone0120-38-2323営業時間:9:00~18:00/水・祝日定休

〒467-0066 愛知県名古屋市瑞穂区洲山町2-32
新瑞ターミナルビル1階

相談 売却 購入

〒467-0066 愛知県名古屋市瑞穂区洲山町2-32
新瑞ターミナルビル1階

不動産情報・新着情報

Blog Detail

「不動産売却を考えているけれども、内覧時にはどのような準備や対応をしたらいいの」とお困りの方はいらっしゃいませんか。
初めて不動産の売却をお考えの方は、不安に思ってしまいますよね。
そこで今回は、不動産売却の内覧時に準備することと内覧時の立ち合いについてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□内覧の準備について

仲介を依頼する不動産会社と媒介契約を結ぶと、購入希望者が不動産の内覧を行います。
内覧時の印象は、購入するかどうかが決まるくらい大切な要素になります。
ここでは、内覧時に準備しておくことについてご説明します。

まずは、汚れが目立ちやすい水回りや玄関の掃除を行うようにしましょう。
キッチンやトイレなどの水回りが汚れていると、買主に悪い印象を与えます。

また、住宅の入り口である玄関も、目につきやすいので、きれいな状態にしておく方が良いでしょう。
人は第一印象が大事というように、不動産においても第一印象がとても大切です。

続いて、室内にできた傷は最低限の修理を行うようにしましょう。
長年住んだ住宅であれば、1つや2つ傷がついてしまうことがありますよね。
傷があると悪い印象を与えると思い、隠してしまう人もいますが、後々トラブルの種になるので、きちんと傷があることを伝えておく方が良いでしょう。

また、悪い印象を与えないために大幅なリフォームをすることはおすすめできません。
なぜなら、リフォーム費用の方が高くなってしまい、売却したときの利益が赤字になることがあるからです。
リフォームを行う際は、自分で修復できる範囲で済ませておきましょう。

□内覧の立ち合いについて

内覧の対応には、売主が直接内覧に立ち会うか、そうでないかに分かれます。
売主が内覧に立ち会わない場合、事前に不動産会社に鍵を預けておき、不動産会社の担当者が立ち合いながら不動産の案内を行います。
この場合は、事前に部屋をきれいに掃除したり、インテリアの配置を工夫したりなどの準備ができるでしょう。

一方、内覧に立ち会う場合は、売主が買主の質問に直接対応できたり、アピールポイントを伝えられたりするのがメリットです。
自分でアピールポイントを買主に伝える自信があるなら、内覧時に立ち会う方が良いでしょう。

また、小さな子供がいる、ペットを飼っている場合には注意しましょう。
急に泣き出したり、騒ぎだしたりする場合があるので、内覧時には立ち会わないように工夫しましょう。

□まとめ

今回は、不動産売却の内覧時に準備することと内覧時の立ち合いについてご紹介しました。
内覧時の準備や対応は、買主が購入を決める重要な要素です。
買主に好印象を持ってもらえるように、きれいな状態のお部屋にしておきましょう。
名古屋市にお住まいの不動産売却を検討中の方は、ぜひ当社までご相談ください。

トップに戻る