不動産売却をする前にリフォームはした方がいいの?名古屋市の業者が解説します!|不動産情報・新着情報

Icon Phone0120-38-2323営業時間:9:00~18:00/水・祝日定休

〒467-0066 愛知県名古屋市瑞穂区洲山町2-32
新瑞ターミナルビル1階

相談 売却 購入

〒467-0066 愛知県名古屋市瑞穂区洲山町2-32
新瑞ターミナルビル1階

不動産情報・新着情報

Blog Detail

不動産売却をする前にリフォームが必要か疑問に思う方は多いのではないでしょうか。
実はリフォームする必要はありませんが、リフォームの有無が売却価格に及ぼす影響を心配する声もあるでしょう。
そこで今回は、名古屋市の不動産会社が不動産売却前のリフォームについてご紹介します。

□売却前のリフォームは不要

基本的に、不動産売却前のリフォームは必要ありません。
その理由は2つあります。
1つ目は、リフォームの価格を売却価格に上乗せできないからです。
例えば、マンションをフルリフォームするためには数百万円かかりますが、その金額を上乗せした価格で売り出すのは難しいでしょう。
リフォーム済みの物件とそうでない物件が同じ値段で並んでいる場合は、リフォーム済みの方が有利になるかもしれません。
しかし、リフォームしても築年数を変えることはできないため、似たような物件より数百万円高いと、買い手がつきにくいと言えます。
2つ目の理由は、リフォームが必ずしも買い手のニーズに合うとは限らないからです。
買い手の中には、購入後にリフォームすることを前提に中古物件を探している人もいます。
リフォームを考えている人の多くは、部屋をきれいにしたいだけでなく、理想の内装を実現させたいと考えているでしょう。
できるだけ安く不動産を購入して、リフォームにお金をかけたいと考える買主にとって、売却前のリフォームは余計なお節介になってしまいます。

□リフォームなしで高く売るコツとは?

売却前にリフォームしないと、売却価格が低くなるのではないかと思う方も多いでしょう。
ここでは、リフォームなしで不動産を高く売るためのポイントを3つご紹介します。

*清潔感を保つ

不動産売却において内覧は大きな役割を持ちます。
その際、部屋への印象を大きく左右する要素の1つが室内の清潔感です。
購入検討者が特に気にする水回りを重点的に掃除し、臭い対策までしておくことをおすすめします。
もし、徹底的に掃除したい方は、ハウスクリーニング業者に依頼すると良いでしょう。

*修繕する

内覧時に目につくような傷や汚れがある場合は、簡易的に修繕しておくと良いでしょう。
例えば、畳に穴があいていたり、ドアが閉まらなかったりすると買主の部屋に対する印象を悪くする可能性があります。

*建物状況調査をする

これは、住宅診断士が中古住宅に不具合がないかを調査するホームインスペクションと呼ばれるものです。
中古住宅を検討している人の中には、建物自体の安全性を懸念する人もいます。
ホームインスペクションをしておくことで、買主が安心して購入できるため、売却前に依頼すると良いかもしれません。

□まとめ

不動産売却の前のリフォームについてご紹介しました。
基本的に、売却前のリフォームは必要ありませんが、できるだけ高く売るためには本記事でご紹介したコツを押さえておくと良いでしょう。
名古屋市の不動産会社をお探しの方は、お気軽に当社までお問い合わせください。

トップに戻る