マンションを売るときエアコンはどうするべき?名古屋市で不動産売却をお考えの方へ|不動産情報・新着情報

Icon Phone0120-38-2323営業時間:9:00~18:00/水・祝日定休

〒467-0066 愛知県名古屋市瑞穂区洲山町2-32
新瑞ターミナルビル1階

相談 売却 購入

〒467-0066 愛知県名古屋市瑞穂区洲山町2-32
新瑞ターミナルビル1階

不動産情報・新着情報

Blog Detail

名古屋市にお住まいで、不動産売却を考えている方はいらっしゃいませんか。
不動産を売却する際は、分からないことが多いですよね。
そこで今回は、マンションを売る際、エアコンはどうするべきなのかについて解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

□エアコンは不動産に含まれない!

まず、エアコンが不動産に含まれるのか疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。
しかし、不動産は土地や建物などを指すため、エアコンはこれには含まれません。
マンションの場合、土地と専有部分の他に、駐車場などの共有部分を所有している場合はこれも売却対象になります。

不動産は、動かせない資産のことであるため、後から取り外しのできるエアコンは他の家具と同じような扱いだと考えておくと良いでしょう。
なかには家具付きの状態で物件を購入した方もいると思います。
このような場合も、エアコンやその他の家具は譲渡扱いで売却対象には入っていません。
不動産とは区別した別の資産であることを覚えておきましょう。

□付帯設備を外す際の注意点とは?

では、売却する際、エアコンは取り外すべきなのでしょうか。
それとも残しておくべきなのでしょうか。

これについて明確な決まりはありませんが、外す場合でも、買主と売買契約を結ぶまでは付けたままにしておいた方が良いでしょう。
エアコンが付いていない場合、夏は暑く、冬は寒い中で内覧を行う必要がありますよね。
早めに新居に持っていきたい方も多いと思いますが、契約を済ませるまでは付けておいた方がスムーズに売却できるでしょう。

現在使っているエアコンが引っ越し先の部屋の大きさに合わない場合は、付けたままにする方法もあります。
その際、買主と相談して、決めることをおすすめします。
買主が賃貸住宅から引っ越してくる場合は、エアコンを持っていないことが多いため、利害が一致するかもしれません。
エアコンを処分する場合は費用もかかるためそのまま残しておいても良いですね。

また、エアコンの他の付帯設備として、照明も部屋の印象を暗くしてしまうため、残しておくことをおすすめします。
曇りや雨の日は特に暗くなってしまうため、照明は必要です。

□まとめ

この記事では、不動産売却をお考えの方に向けて、マンションを売る時にエアコンをどうするべきかについて解説しました。
エアコンは売買契約をするまでは付けておき、外すかどうか買主には早い段階で伝えておくことが大切です。
不動産売却のことで分からないことがあれば、お気軽に当社までご相談ください。

トップに戻る