名古屋市で不動産売却をお考えの方へ!仲介と買取の違いとは?|不動産情報・新着情報

Icon Phone0120-38-2323営業時間:9:00~18:00/水・祝日定休

〒467-0066 愛知県名古屋市瑞穂区洲山町2-32
新瑞ターミナルビル1階

相談 売却 購入

〒467-0066 愛知県名古屋市瑞穂区洲山町2-32
新瑞ターミナルビル1階

不動産情報・新着情報

Blog Detail

「不動産売却をしたいけれど、どのような方法があるのかわからない」「買取と仲介の違いを知りたい」
名古屋市にお住まいの方でこんな風に思っている方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、買取と仲介の違いを解説します。
仲介をしてもらう場合の媒介契約の種類も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

□買取と仲介の違いとは?

買取と仲介の大きな違いは、買主と売却価格と言えるでしょう。
仲介の場合、買主は個人のお客様で、買取の場合は不動産会社です。
個人のお客様が購入する仲介では、ご自身でお住まいになるために購入することがほとんどです。
一方で、不動産会社は土地やマンションに付加価値を付けて販売を行います。

売却価格に関しては、仲介の場合、相場価格で成約できることが多いです。
これは、仲介業者が広告媒体を利用して広く購入希望者を募集するためです。
一方で、買取では、新たに住宅を建設したり、リノベーションしたりしてから販売します。
そのため、不動産会社が売却に対するリスクを負うことになるため、仲介を利用する場合と比べると売却価格が低くなってしまうかもしれません。

□不動産仲介における3つの媒介契約について解説します!

まず1つ目は、専属専任媒介契約です。
この契約は、特定の会社が専任となって不動産の売却をするものです。
そのため、自分で売り先を探すことや、他の会社への依頼はできません。
仲介業者は成立した場合の報酬が決まっているため、積極的に宣伝してくれるでしょう。

2つ目は、専任媒介契約です。
こちらは1つ目と同じように1社のみと契約する方法です。
しかし、自分で売り先を探せるという違いがあります。
親戚や知り合いの中で売り先を見つけた場合に、業者を通さずに売却できることは便利ですよね。

3つ目は、一般媒介契約です。
この契約では、いくつかの仲介業者と媒介契約ができます。
購入者側の入り口を広げられるため、早く不動産売却をしたい方にとっては良いかもしれません。
他に契約している業者を明らかにする「明示型」と、明らかにしない「非明示型」があります。

ここまでで、3つの媒介契約をご紹介しました。
自分にとって、どの契約方法が最適なのかを考えてみると良いでしょう。

□まとめ

この記事では、買取と仲介の違いや、媒介契約の種類を解説しました。
不動産売却をする際は、専門の仲介業者に依頼することも1つの方法ですね。
媒介契約にもいくつか種類があるため、確認してみましょう。
何かお困りのことがあれば、お気軽に当社までご相談ください。

トップに戻る