年金受給者が不動産売却したら年金は減額されるの?不動産会社が解説!|不動産情報・新着情報

Icon Phone0120-38-2323営業時間:9:00~18:00/水・祝日定休

〒467-0066 愛知県名古屋市瑞穂区洲山町2-32
新瑞ターミナルビル1階

相談 売却 購入

〒467-0066 愛知県名古屋市瑞穂区洲山町2-32
新瑞ターミナルビル1階

不動産情報・新着情報

Blog Detail

名古屋市で不動産を売却したいが、年金が減額されるかもしれないと困っている方はいらっしゃいませんか。
詳しくわからないと売却する際に不安ですよね。
この記事では、不動産売却をすることで年金は減額されるのか、また不動産売却する際の注意点をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□年金受給者が不動産売却すると減額される?

年金が支給されている方で、「不動産売却によってお金を得たら年金を受け取れないのか」と心配になっている方はいませんか。
結論から言いますと、年金は減額されません。

お金を取得すると給付されているものが停止したり、減額したりするケースがあります。
しかし、年金はそのようなことはないため、安心していただいて大丈夫です。
支給の停止や減額は、給付や賞与のように会社から支給される場合に適応されますが、不動産売却はこれらに当てはまらないため、支給の停止や減額はありません。

□年金受給者が不動産売却する際の注意点をご紹介!

年金生活者が不動産を売って利益を得たとしても、年金受給額への影響はないというのが基本ですが、障害年金を受給している方や、75歳以上の方が不動産を売る際には注意すべき点があります。
それでは次に、2つの注意点について解説します。

*障害年金を受給している方は一旦、支給停止になる可能性がある

20歳になる前から障害年金を受給している方は、支給が一旦停止になる可能性があることを知っておきましょう。
年金についての疑問をしっかり解消したいとお考えの方は、お近くの年金事務所または街角の年金相談センターの相談窓口へ問い合わせると良いでしょう。

*75歳以上の方は国民健康保険料が値上げされてしまう

75歳以上で不動産を売却した場合は、国民健康保険料が値上げされてしまいます。
この理由は、国民健康保険料は前年の所得によって金額が決まるからです。
この保険料は年金から天引きされるため、支払っている額を把握している方は少ないでしょう。
このことから、受け取る年金が減っていた場合、不動産売却によって年金受給額が減らされたと勘違いされるかもしれませんが、実際は国民健康保険料が値上げされたことによって手元に残る年金が減ったということになります。

国民健康保険料の金額は自治体によって金額が違うため、各自治体のホームページを参照するか、市役所でご確認お願いします。

□まとめ

今回の記事では、不動産売却における年金についてご紹介しました。
年金受給者が不動産売却をしても年金の減額はありませんが、75歳以上の方は国民健康保険料が値上げされるため注意が必要です。
不動産売却についてご不明な点がございましたら、当社までお気軽にご相談ください。

トップに戻る