ローン残債のある家は売却できるの?不動産売却をお考えの方へ|不動産情報・新着情報

Icon Phone0120-38-2323営業時間:9:00~18:00/水・祝日定休

〒467-0066 愛知県名古屋市瑞穂区洲山町2-32
新瑞ターミナルビル1階

相談 売却 購入

〒467-0066 愛知県名古屋市瑞穂区洲山町2-32
新瑞ターミナルビル1階

不動産情報・新着情報

Blog Detail

「まだ住宅ローンの残債が残っているけど売却できるのか」
「オーバーローンの不動産を売る場合はどうしたら良いのか」
名古屋市で不動産売却をお考えで、これらの悩みをお持ちの方は少なくないでしょう。
そこで今回は、ローンの残債がある家を売却する際のポイントとオーバーローンの不動産の売却方法をご紹介します。

□住宅ローンが残っている不動産を売却する際のポイントとは?

住宅ローンが残っている家を売却する場合は、「家の引き渡し時に抵当権を外すこと」が必要です。
家を購入する際に金融機関の住宅ローンを利用した場合に抵当権が与えられます。
抵当権とは、ローンの返済ができない場合に土地や建物を担保する権利のことです。
そのため、ローンを返済できない場合は家を競売にかけられる可能性がありますが、この抵当権は原則としてローンを返済することで解除できます。

しかし、売却前に必ずローンを返済できるとは限りませんよね。
売却金でローンを返済でき、抵当権を外せる場合は残債があっても売却できます。

このように売却金でローンを返済できるため、売却しようと考えている方に知っておいてもらいたいのが、売却金は全て手に入るとは限らないということです。
売却金の中から仲介手数料や印紙税、登記費用など諸費用がかかります。
また、住宅ローンの一括返済は元金に加え、手数料もかかることを知っておきましょう。
ローンが残っていても売却できますが、抵当権を外す必要があるため、しっかりと返済できるのか計画した上で売却することをおすすめします。

□オーバーローンの不動産の売却方法とは?

オーバーローンの場合は物件以上の融資を受けているため、不動産の売却金だけでは返済できません。
しかし、これから紹介する方法で売却できる可能性が広がるため、知っておくと良いでしょう。

*貯金も含めてローンを返済する

売却金で残債を返済できない場合は、残りの金額を自分の貯金から補うことでローンを返済する方法です。

*任意売却を選択する

通常の場合、ローンの返済が難しい際は競売という形で強制的に売りに出されます。
競売は通常価格よりも安く売りに出されるという特徴があるため、できるだけ避けたい方法です。
そこで、金融機関に許可を得て、抵当権を外して売りに出すという方法があります。
この方法は金融機関と話し合い、返済を継続できることや、競売にかけられて安く売られることを回避できるため、通常価格で売りに出せるというメリットがあります。

任意売却は残債を返済するための資金も多くなり、自己破産の可能性も下げられますが自分で選択するのではなく、金融機関が選択するため、長期に渡り金融機関の信頼を得ておく必要があるでしょう。

□まとめ

今回は、ローンの残債が残っている家の売却する際のポイントと、オーバーローンの不動産の売却方法について解説しました。
当社では、電話でもメールでもお問い合わせを受け付けております。
わからないことがありましたらぜひ、お気軽にご相談ください。

トップに戻る