不動産売却をお考えの方へ!必要書類について解説します!|不動産情報・新着情報

Icon Phone0120-38-2323営業時間:9:00~18:00/水・祝日定休

〒467-0066 愛知県名古屋市瑞穂区洲山町2-32
新瑞ターミナルビル1階

相談 売却 購入

〒467-0066 愛知県名古屋市瑞穂区洲山町2-32
新瑞ターミナルビル1階

不動産情報・新着情報

Blog Detail

「不動産売却を考えているが、必要な書類がわからない」
「不動産売却の際の注意点が知りたい」
名古屋市にお住まいで、このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
今回は、不動産売却に必要な書類をご紹介します。
不動産売却を始める際に注意したいポイントについても併せてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

□不動産売却に必要な書類とは?

不動産売却時にまず必要なのは、身分証明書や住民票、印鑑証明書などの売り主本人の確認書類です。
物件が共有名義の場合は、共有者全員の書類が必要です。
住民票や印鑑証明書などは有効期限があり、発行から3ヶ月以内のものにしましょう。

次に重要なのが、登記済権利書または登記識別情報です。
この「登記済権利書」は、法務局から登記名義人に公布される書類で、いわゆる権利書です。
登記の名義人がその物件の所有者であることを証明する大切な書類なので忘れないようにしましょう。

さらに必要なのが、固定資産税納税通知書および固定資産税評価証明書です。
これらは、固定資産税の納税額の確認に必要となる書類です。
また、移転登記等に必要な登録免許税の算出にも必要なため、最新のものを準備してください。

そして、土地測量図や境界確認書も必要です。
これらは、一戸建てや土地の売買において必要となる書類です。
特に土地の売買の場合、境界線が明確でないと、所有権をめぐって購入後のトラブルになりかねません。
境界線が未確認である場合は、隣接した土地の所有者と協議をし、了解を得たのちに測量図を作成しておきましょう。

□不動産を売る際に注意しておくべきポイントをご紹介!

ここからは、不動産を売る際に注意したいポイントについてご紹介します。

まずは、急がずゆったりとした心構えで売却に向き合うことです。
不動産を売却する際には、時間的にも精神的にも余裕を持つのが非常に重要です。
実際に、余裕のある売却スケジュールを立てなかったことは、不動産売却時に後悔したことの第1位になっています。
確かに早く契約を完了させたいという気持ちも分かりますが、一度始めたらゆったりと構えて売却を進めるのが良いでしょう。

次は、売却する不動産に適度な自信を持つことです。
不動産売却では、不動産に対して適度に自信を持つのも大切なポイントです。
実際に、売り出し価格が低すぎたことや、買主との価格交渉で譲歩しすぎたことが売却時に後悔したことのかなり上位になっています。
「こんな不動産では高く売れないのではないか」と悲観しすぎずに、不動産の売り出し価格を客観的に設定するようにしましょう。

□まとめ

今回は、不動産売却の際に必要な書類と注意すべきポイントについてご紹介しました。
ほとんどの方が人生にそう何度も経験することはない不動産売却は、わからないことや不安なことが多いでしょう。
桃山エステートでは、不動産のプロが売却活動を徹底サポートします。
不動産売却をお考えの際は、ぜひ当社にお任せください。

トップに戻る